スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアルで朝食を

12 04, 2009
cisco's
(実際に食べているのはケロッグ社のではなく、コレ)
毎度お運びいただきありがとうございます。
11月12日のエントリー「1日の摂取量6gの日々」のとおり減塩生活を続行中です。
もちろん高血圧が引き金となって発症する脳梗塞や心筋梗塞の予防のためであり、
美人な管理栄養士さんに"いいトコ見せよう"なんて気持ちは…ちょっとあるかな(笑)。

さて、例の管理栄養士さんに言われたことのひとつが「朝食をとるコト」
ダイエットの基本中の基本であり、至極あたりまえのアドバイス…ですが、
私、朝食をとらない生活にどっぷりとハマっておりまして、
多分、中学生くらいの頃から、ほとんど"朝ごはん"の習慣がありません。
いや、そもそもね、火の通った卵が食べられない身としては、
玉子焼きとかスクランブルエッグとか、朝食の定番メニューはほぼNGなわけですよ。
納豆!?…いや、それ私の中では"食べ物"に分類されておりませんから。

…とまあ"朝食"に難色を示す私に、管理栄養士さんが"シリアルなんてどう!?"と。
"シリアル" "クラッカー" "チーズフォンデュ"、これが
私の三大食わず嫌いメニュー
どうも、この3つは自分が食べている画を想像するとお尻がムズムズするというか、
なんだかとても気恥ずかしい気持ちになってしまうのです。

私は、実家が商売をしていて両親が忙しかった関係もあって、
小さい頃から"おばあちゃんの手料理"を食べて育ちました。
野菜の煮物とか、魚の煮付けとか、白和えとか、いわゆる和食系の田舎料理で、
初めてグラタンを食べたのは大学生になってひとり暮らしを始めてからだし、
ソーセージと言えば魚肉ソーセージ、ハンバーグと言えばはイシイのハンバーグ
3時のおやつと言えば味付け海苔だったり…と洋風メニューとは無縁の子ども時代。
一方で、大好きなテレビの画面からはアメリカ的な食べ物がどんどん飛び込んできて、
レディーボーデンのアイスクリームを箱ごと抱えて食べたい!とか
マクビティのチョコレートビスケットを1箱丸ごと食べてみたい!とか
"カタカナおやつ"に対して、異常なほどの憧れを抱いておりました。

そんな中、ケロッグのコーンフレークヤマザキナビスコのリッツの2つのCMは、
子ども心にも"ちょっとハードルが高いなぁ"と感じておりました。
ケロッグは、確かトラのキャラクターが小学生の子どもに向かって
"大きくなれよぉ"的なメッセージを発するようなヤツで、
その子どもは、真っ白なダイニングの真っ白なテーブルで、白いボウルに
コーンフレークにミルクを注いで、元気モリモリしあわせそうに食べる
そんなシーンだったかと思います。いや、それ(私の)現実とかけ離れてるし…。
なにより、なんだか"お金持ちのお坊ちゃま"風の雰囲気がどうにも好きになれず
…今、思えば、憧れが転じて単なる嫉妬に変わっているだけなんですが(笑)。
同じ理由で、大原麗子さんが"リッツでホームパーティ"と微笑みかける
ナビスコ・リッツのCMもどうにも好きになれず、次第に、この2つは
私の人生の中で登場してはいけないモノに加えられてしまいました。

ナビスコ・リッツに関しては、大学生時代に友だちと"家飲み"やってた時に、
リッツにトッピングして食べる…を経験し「な~んだこんな感じかよ」と
"食わず嫌い"を卒業。そもそも思い込みが原因なんで食べてしまえば…ね。

…で、今回"シリアルで朝食"に初挑戦!
"シリアル"と"朝食"のWのハードルを一気に越えられるのか!?

いや、意外とおいしいですね、コレ。もっと子どものおやつ風の甘ったるい味を
イメージしていましたが、パパッと用意してサッと食べられるし、
何よりお昼になるとキチンとお腹が減ります。この感覚はちょっと新鮮です。
平日は、ついつい忙しさにかまけて、気がついたら午後2時とか3時とかで、
"あぁ、今日もお昼(ごはん)食べ損ねたぁ"なんてことも多かったのですが、
少しでも朝食を取ることで、お昼になるとお腹が減って仕方がないので、
どんなに忙しくても、何か食べないとやってられないと思えるようになりました。
夕食の量も少し減ったようで、規則正しい食生活に改善されつつあるようです。

思い込みや先入観で、本来得られるはずのしあわせを逃すことは、
思っている以上に多いのかもしれませんね。
…でも、いまだに"チーズフォンデュ"だけはダメなんだよなぁ。
いったいどんな"かわいい顔"して食べたらいいのか、見当もつきません。

お帰りの際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。