スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉露日本代表

10 01, 2009
hosinobrunch

毎度お運びいただきありがとうございます。
9月28日(月)のエントリーで紹介したfmfukuokaラジオカー中継のレポートです。

今回お邪魔したのはJAふくおか八女星野支店。

九州自動車道八女ICから車で約1時間、秋の気配ただよう星野村の中心部です。
ご登場いただいたのは星野地区センターのグループ長 樋口芳弘さん。
その役職のとおり、星野村の農業事情の専門家で
"玉露日本一の立石さん"とも親交の深い方。
樋口さんによれば「全国茶品評会の玉露の部で、福岡県は過去9回も産地賞を受賞し、
うち8回は星野村が受賞しています」とのこと。
つまり数あるお茶処の中でも、星野村こそが"玉露日本一の村"なのだそうです。

なぜ"星野の玉露"はそんなに評価が高いのか?
さまざまな理由がある中でも、やはり「伝統本玉露」に見られる
昔ながらの栽培方法にあるようで「100年前と同じ栽培方法(樋口さん)」なのだそう。
加えて山間の地形のおかげで、玉露栽培に適した日当たりを確保できるそうで、
例えば煎茶ならば、一日中しっかりと太陽の光を当てる方が良いそうですが、
玉露はその逆で、あまり日当たりの良い土地では良質のものが育たないそうです。
確かに「伝統本玉露」の特長のひとつに"コモ"で被覆することで
旨味を閉じ込める栽培方法が挙げられますが、適度な日当たりが大切なんですね。

立石さんとの出会いから、わずかではありますが"星野の玉露"について知ることで
またひとつ"福岡の魅力"に触れることができました。ありがとうございます。

ちなみに、当日のレポーターは『NTT西日本 ミュージック・サロン』池田美保さん。
打合せの時には普通の声で気さくにお話されていましたが、
いざ本番となると、艶のある美しい声に大変貌!!当たり前と言えばそれまでですが、
さすがの"プロの声"に感動しました。
ご協力いただいたfmfukuokaのスタッフの皆様にも感謝です。

お帰りの際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。