スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衣替減量大作戦

09 22, 2009
lecock

毎度お運びいただきありがとうございます。
本日の福岡地方、生憎の雨模様ということもあり、衣替えを決行!
今シーズン活躍した夏物を整理して、秋冬物を引っ張り出して整理するわけです。

…で、この衣替、実は収納スペース確保の大チャンス!と教えていただいたのは、
日頃からお世話になっているキレイ堂株式会社・香川裕子代表
福岡市で女性だけのハウスクリーニング業を営みながら、ご家庭でのお掃除力を
高める実践的講座『キレイコンシェルジュ講座』を2年ほど前に立ち上げて、
"お掃除でラッキーを呼ぼう"をコンセプトにさまざまな場面で活躍されています。

香川さん曰く「整理と整頓はまったく別次元のもの。一緒にはできません」。
要は"整理=モノを捨てる"、"整頓=残ったモノを整える"という行為であり、
まずは"モノを捨て"て、収納スペースを確保することが第一歩なんだそうです。
つまり衣替は"モノを捨てる"、年に2回の大チャンスなんだそうです。
その時に大事なのが"捨てるルール"を決めて、絶対に何がなんでも守ること。
ちなみに香川さんのルールは「今年一度も袖を通さなかったものを捨てる」。

これ、実際にやってみると結構たいへんです。
確かにこの夏一度も着なかったアイテムでも、それなりに思い入れがあるわけで、
"これは来年きっと着るだろう"とか"ちょっといい値段したから…"とか、
まるで元カノとの想い出の品をいつまでも未練がましく捨てられないオトコの図。
とは言え"ルール"ですから、そこはエイヤーとばかりにゴミ袋の中へ。
私の場合、昨年まで夏のメインアイテムだったコットンシャツの数々は、
今年はTシャツたちに主役の座を奪われ、ほぼ一度も登場しなかったことが判明。
気がつけば家庭用ゴミ袋1個分を廃棄し、残ったのはTシャツ&ポロシャツばかり。
夏物が約3分の2の量に減量され、クローゼットもちょっとスッキリしました。
さて、今年一度も活躍しなかったアイテムで、どうしても捨てられないモノは、
夏の名残のあるうちに1回でいいから着てしまう…とセーフになるそうです。

ちなみに今シーズン一番活躍したのは"le coq sportif"のTシャツ。
デザイン性はもちろん、シルエットがキレイだったのが一番の理由です。
Tシャツに替わって、そろそろジャージジャケットの出番です。

▽キレイコンシェルジュ協会  http://kirei-do.jp/concierge/index.html

お帰りの際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。