スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さがしものは何ですか?

04 25, 2013
0425-01_convert_20130425113314.jpg

毎度のお運びありがとうございます。
本日4月25日は「拾得物の日」。1980年のこの日、東京・銀座で
大貫久男さんが現金1億円を拾ったことに因むのだそうです。

おかげさまで、お金を落としたり、拾ったりしたことはないのですが、
置き忘れてしまった傘は、数えきれないほどで、
以前、専門店でちょっと良い仕立ての傘を手に入れて、
「これなら置き忘れないもんね!!」と胸張っていたら、
わずか1年足らずで失くしてしまった時は、かなりヘコんだなぁ。

さて警視庁の統計によれば、平成24年度全体で、約323万件の遺失物の
届け出があって、その内、持ち主に戻ったのは約48万件(15%)、
拾って届けた人のものになったのが約166万件(51.5%)と、
落とし物の半分は拾って届けた人のものになるようで、
やっぱり気付いた時には交番へ届けるってのが、正解のようです。
ところが、品物別に見ると、けっこう面白いデータがでています。
0425-02_convert_20130425113453.jpg
…ね、お財布はなんと63.3%が持ち主に戻ってます。
お財布の中に個人を特定できる情報が含まれている場合が多いのでしょうね。
同じ理由で携帯電話83.7%、証明書類60.4%も高い割合で戻ってきていますね。
逆に、時計や貴金属など高価なものでも個人が特定できにくいモノは、
持ち主に戻ってくる確立が極端に低いんですね。

新入社員はもとより、新生活で身の回りのモノを新調した方は、
新しく身に付け始めたモノが、カラダに馴染んでないうちは、
特に注意しないと、落としたら戻ってこない可能性が高いようですよ。

ボクの場合は、今まで長年愛用していたZippoのライターが、
ここ数日ですっかり役割を果たさなくなってしまったので、
失さないように気をつけなきゃ。
ライターとしては無用ですが、想い出の品としては代え難いものなんで。

福岡県警察 落とし物・忘れ物コーナー
http://www.police.pref.fukuoka.jp/somu/kaikei/otoshimono/otoshimono.html


お帰りの 際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。