スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

委託から共感へ

11 07, 2010
takashima

毎度お運びいただきありがとうございます。
さて、福岡市長選挙のおハナシです。

任期満了にともなう福岡市長選挙には、現職で2期目を目指す吉田宏氏に対して、
なんと7人もの対立候補が登場するという大混戦となっているのは周知のとおり。
そもそも、2期目というのは現職が圧倒的有利と言われている中で、
これだけたくさんの市長候補が立候補したということは、この4年間の市政が
決して幸せなものではなかったということの証拠と言えるのかもしれません。

さて、選挙戦の中日といえる日曜日の今朝、姪浜駅南口が一時騒然としました。
市長候補のひとり、高島宗一郎氏の街頭演説が開催され、高島氏の応援には、
元内閣総理大臣・麻生太郎氏、加えて自民党の現幹事長・石原伸晃氏、
元衆議院議員・太田誠一氏など、自民党のビッグネームたちが顔を揃えたもんだから、
数百人規模の聴衆が集まり、かなりの熱を帯びた演説会となったわけです。

…で、高島宗一郎氏。※公式ホームページはコチラ
最初に、市長選に立候補されるというニュースを聞いた時の正直な感想は
「いったい誰にそそのかされたのか?」というものでした。
だって、KBCの現役看板キャスターですよ。将来が約束されたようなもんですよ。
それを、全財産投げ打って出馬して、もし落選したら正真正銘の無職ですよ。
どんだけの覚悟なんだろう…って正直、“無謀”の二文字しか浮かばないと。

でもね、実は私の知人の紹介もあって、市長選の告示前に、
高島氏の講演会に参加させていただいて、初めて彼自身の言葉に触れてみて、
自分自身の在り方を恥ずかしくも思い、勇気づけられもしたのです。
氏の覚悟たるや、それは本物であり、福岡の街に生きる者として共感できるのです。
そして、今朝の街頭演説を聞き、その想いは確信へと変わりました。

それは、大好きな福岡の街の未来を委託する…という感覚よりも、
それぞれの立場で共にこの街の未来を作り上げましょう…という、
ちょっと烏滸がましいけれども、そんな共感というか恊働の想いなのです。

もちろん、どの候補者を支持するかなんて個人の自由な判断だし、
私も高島氏への投票を促すつもりはありません。
ただ願わくば、自分たちの街の将来を決める選挙を“あきらめないで”ほしいのです。
だって、自分たちが暮らしている街の、福岡の将来を決める選挙なんですから。

ekimae
(JR姪浜駅 南口の様子)
asou
(元内閣総理大臣 麻生太郎氏)
ishihara

お帰りの 際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。


スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。