スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝者の理 敗者の理

10 20, 2010


毎度お運びいただきありがとうございます。
…さてと、ちょっと言葉が見つかりません。
今夜の出来事をどう理解すればよいのか…。
博多の誇り 我らが福岡ソフトバンクホークスは、
今年も壁を越えられませんでした。

実は、今夜の試合は、ちょうど社内の重要なミーティングとかぶってしまって、
まったくライブで観ることができず、後から試合結果を知ることになりました。
おかげで、なんだか終戦したことの実感があまり沸きません。
6度目の挑戦で、しかも今年は中継ぎ陣がしっかりしていて、しかもホームで、
1勝のアドバンテージがあって…つまり負ける要素がないCSだったので
実際、日本シリーズに進めないなんて想像すらしていなかったわけで。

でも、実際こんな結末があるんですね。

正直、…んじゃどうやったら日本シリーズに行けんのよ!
と、恨み節のひとつも吐き出したくなる気持ちが満載なのですが、
現実は、現実として受け止めねばなりません。…にしても、悔しいというか呆然です。

負けてしまった理由を数え上げたとしても、それを来シーズンに活かせるかと
問われれば、これまた頭を抱えねばならず、ただこのシリーズでは、
チームの持っているポテンシャルというか勢いというか、それが発揮できなかった
…という、なんとも“明日につながらない”理由しか思い浮かびませんね。

ただ、帰宅してから深夜のスポーツニュースなどを見る限り、
今年の千葉ロッテマリーンズは、確かにこれまでのイメージとは大きく異なる
とても良いチームだったんだなぁというのを、あらためて実感させられました。

例えて言うならば、まるで高校野球のチームのような、ひたむきなまとまり感があり、
特に、西村監督と西岡選手との絆というか、信頼感というか、その幸循環が、
チーム全体に波及して、短期決戦で力を最大限に発揮できるパワーを
生み出したのだなぁと。実際、今回のことで西岡選手のファンになりました。
敵ながら、本当にすがすがしい良い選手ですね。
ぜひ、パリーグ全球団とファンの想いを背負って、のびのびプレーして欲しいものです。

…にしても、ねぇ。野球の神様がいるのならば、悪戯が過ぎますばい。
もうそろそろ、日本シリーズに行かせてくれてもよかろうもん!

お帰りの 際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。