スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しらた~まやぁ

01 25, 2010
shiratamaya

毎度お運びいただきありがとうございます。
昨日の続きになりますが、やっぱり晴れた日には良いことがあるようです。

昨日1月24日の日曜日。冬の晴天に気分も上々!
お洗濯とお部屋の掃除をこなした後に、せっかくの日曜日だから…ということで
向かった先は、福岡市中央区桜坂にある和菓子屋『御菓子處 五島』
ご存知の方も多いかと思いますが、その細工の美しさは市内屈指の名店で、
実は、ここの"梅もなか"が食べたくなったわけです。
…で、いそいそとクルマをとばして向かってみれば、なんと"定休日"
イヤな予感はあったものの、それでもすっかり"和菓子口"になっている以上、
このまま手ぶらで帰るわけにも行かず思案しておりますと
…"白玉"があるじゃないですか!!

そうです。同じ桜坂に、熊本の名店『白玉屋新三郎』があったのです。
以前から"白玉の名店"として、そのブランドは知っていたのですが、
実際にその味わいを体験したことがなく、なにより"白玉"に
食指が動かなかったこともあって足が向くことのなかったこのお店。
せっかくの"和菓子口"を満足させるべく、初めてその暖簾をくぐったわけです。

イートイン・スペースを併設した店内は、純和風というよりも和カフェの佇まい。
ガラス製のショウケースに並んだ白玉たちに、その種類の多さに驚く。
小豆、黒胡麻、胡麻みつ、きな粉など豊富な種類の小鉢をはじめ、
贈答用の冷凍白玉の詰め合わせや、シュー皮と白玉のコラボ商品などもあり、
さて、どうしたものか?と目移りすることしばらくするうちに、
「どうぞご試食くださいませ」と絶妙のタイミングで声をかけていただいた。
そのタイミングがあまりにも気持よくて、すんなり勧められるがままに
"きな粉"をひとついただく。※こういうタイミングの良さって実は大切ですよね。

いや正直ね、私、白玉を"ナメて"ました。
きちんと手間暇かけて正しく作った白玉って、こんなに美味しいものだったんですね。
もっちもちの食感に感動!柔らかくてプニプニで、それでいて粘りがあって、
まさに"つきたてのお餅"そのもの。思わず「うわぁ~」って声が出ちゃいました。
そりゃあね、原料は"もち米100%"なんだから"つきたてのお餅"って食感も、
当たり前と言われればそれまでなんですが、シンプルなお菓子だからこそ、
誤摩化しがきかないというか、その丁寧な仕事ぶりに感服するばかり。
しかも、この小鉢が、いずれも300~400円というお手頃価格ということもあり、
ますます、目移りしてしまいました。

結局、きな粉、小豆つぶあん、苺餡の3種の小鉢を購入。
他にも食べたい商品が目白押しで、まずは全メニュー制覇を目指して通わねば。
大丸福岡・天神店の本館地下2階にも出店されているので、
しばらくの間は、私の"手土産"の定番商品にもなることでしょう。

▽桜坂 白玉屋新三郎
住所/福岡市中央区桜坂1-6-9
電話/092-739-0200
営業/9:00~20:00(イートイン10:00~OS19:45)
http://www.shiratamaya.co.jp/

お帰りの際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。