スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、夢を語ろう!

11 15, 2010


毎度お運びいただきありがとうございます。
昨夜、11月14日(日) 新しい福岡市長が誕生しました。無所属新人の高島宗一郎氏です。

〈福岡市長選挙結果〉
高島宗一郎(36) 209,532票
吉田    宏(54)  144,828票
木下敏之(50)           74,228票
有馬精一(59)           21,400票
投票率=43.67%(前回比+1.1ポイント)

さて、政治素人の若い市長が誕生したこの事実を、一体どう捉えるのか?
賛否両論あって当然ですし、少なからずのインパクトを与える結果ですが、
個人的には、非常に意義のある選挙結果だったのではないかと感じています。

高島氏は、選挙期間中から“アジアNo.1の都市を目指そう!”と繰り返し叫び続け、
果たして、このメッセージを冷笑するか、本気で目指そうと自分事化できたか、
そこに大きな違いがあると思うのです。

11月7日のエントリー「委託から共感へ」でも少し書きましたが、
もうそろそろ、自分たちの街づくりを、政治家や役人の方々に委託するのではなく、
共感&恊働の精神で、それぞれがそれぞれの役割を果たすときに来たのではないかと。
誰かの仕事や行動を、遠くから批判し否定するのは簡単です。
でも、それでは現状は何も変わらない。志があるならば自ら動かねばならないと。

そういう視点で見れば、“政治素人”の市長の誕生は、逆に市民の責任が明確に
なったということではないかと思うのです。街を創るのは、市長ではなく市民だと、
当たり前のことですが、そのことを今一度実感せねばならないと。
少なくとも、私自身はその想いを胸に、高島氏に1票を投じました。

いち市民として何ができるか?
まずは、福岡の街の未来を自分なりに描こう、そして臆せず語ろう。
結果、共感できる仲間が生まれ、何か事が起こせるかもしれない。
柵の外から批判だけするのは止めよう。だって、自分の街の未来のことなんだから。
なんか、ちょっとそんな事を真剣に考えた福岡市長選挙でした。

お帰りの 際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

暮らしの学校 始動

11 10, 2010
hakata sisyers
(HAKATA SISTERS WEBサイトより)
毎度お運びいただきありがとうございます。
お待たせしました!本日、ついに新博多駅ビル=JR博多シティの核テナントである
博多阪急の概要が報道陣に発表されました。


大阪・阪急うめだ本店と言えば、ターミナル型百貨店のお手本でもあり、
そのノウハウをそのままに、JR博多シティという九州のターミナル駅に上陸するわけで
一体どんな歴史を作ってしまうのか、期待はふくらむばかりです。

ストアコンセプトは「暮らしの学校」
ターゲットは50代と20代の女性、そしてその家族。


簡単に言えば、モノを売るのではなく、情報発信をするというコト。
“モノが売れない”時代といわれ久しい昨今、百貨店業界の苦戦ぶりが伝えられている中
至極まっとうなアプローチとも言えるのですが、実は情報発信を商品化できている
百貨店は極めて少ないのも現実なわけで、具体的な展開が楽しみです。

本日は、まだ概要の発表なので、具体的なテナント名やブランド名は公表されて
いませんが、フロア構成や開業前キャンペーンの体裁が見えてきました。
…で、特徴的なのが、2階・M3階・3階に展開される『HAKATA SISTERS』

“パーティー”を思わせる空間には、最も“旬”のブランドを一堂にラインアップします。
学校や会社からの帰り道、友だち同士でわいわいと騒ぐ…まるで放課 後の“溜まり場”の
ように、おしゃれが大好きな女の子が毎日をとびきり楽しく過ごせる空間。
まさに女の子のための百貨店、それが『HAKATA SISTERS』です。
(報道関係資料より抜粋)

この展開は予想外でしょ!?

しかも、このHAKATA SISTERSが、開業前キャンペーンのコミュニケーションで
最前面に押し出されていて、博多阪急の第一印象を演出しているという戦略。
HAKATA SISTERSの特設WEBサイトが開設され、ブログやTwitterが立ち上がり、
しかも、博多阪急のポイントカードとは別に、HAKATA SISTERS専用のカードがあって、
入会すると、パーティやクラブイベントや女子会、プレオープンにご招待と、
いきなりてんこ盛りで、情報発信しまくっているワケなんです。

なにせ、これまでの博多駅界隈では“女の子が元気”という雰囲気がなかっただけに、
博多阪急の開業をきっかけに、新しい街の文化が誕生すると楽しいなァ…と、
OLさんに優しい『博多デイトス』ですら気後れしてしまう40オトコは思うのです。

来年3月に向けて、いよいよカウントダウンが始まった感のあるJR博多シティ。
博多阪急の今後の動きも含めて、どんどんと具体的な情報が発信されますよ!
ぜひ、情報をチェックしながら、新しい街づくりを一緒に楽しみましょう。

▽博多阪急 WEBサイト http://www.hankyu-dept.co.jp/hakata/
▽HAKATA SISTERS WEBサイト http://www.hakata-sisters.jp/
▽HAKATA SISTERS OFFICIAL BLOG http://www.hakata-sisters.jp/blog/


お帰りの 際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

委託から共感へ

11 07, 2010
takashima

毎度お運びいただきありがとうございます。
さて、福岡市長選挙のおハナシです。

任期満了にともなう福岡市長選挙には、現職で2期目を目指す吉田宏氏に対して、
なんと7人もの対立候補が登場するという大混戦となっているのは周知のとおり。
そもそも、2期目というのは現職が圧倒的有利と言われている中で、
これだけたくさんの市長候補が立候補したということは、この4年間の市政が
決して幸せなものではなかったということの証拠と言えるのかもしれません。

さて、選挙戦の中日といえる日曜日の今朝、姪浜駅南口が一時騒然としました。
市長候補のひとり、高島宗一郎氏の街頭演説が開催され、高島氏の応援には、
元内閣総理大臣・麻生太郎氏、加えて自民党の現幹事長・石原伸晃氏、
元衆議院議員・太田誠一氏など、自民党のビッグネームたちが顔を揃えたもんだから、
数百人規模の聴衆が集まり、かなりの熱を帯びた演説会となったわけです。

…で、高島宗一郎氏。※公式ホームページはコチラ
最初に、市長選に立候補されるというニュースを聞いた時の正直な感想は
「いったい誰にそそのかされたのか?」というものでした。
だって、KBCの現役看板キャスターですよ。将来が約束されたようなもんですよ。
それを、全財産投げ打って出馬して、もし落選したら正真正銘の無職ですよ。
どんだけの覚悟なんだろう…って正直、“無謀”の二文字しか浮かばないと。

でもね、実は私の知人の紹介もあって、市長選の告示前に、
高島氏の講演会に参加させていただいて、初めて彼自身の言葉に触れてみて、
自分自身の在り方を恥ずかしくも思い、勇気づけられもしたのです。
氏の覚悟たるや、それは本物であり、福岡の街に生きる者として共感できるのです。
そして、今朝の街頭演説を聞き、その想いは確信へと変わりました。

それは、大好きな福岡の街の未来を委託する…という感覚よりも、
それぞれの立場で共にこの街の未来を作り上げましょう…という、
ちょっと烏滸がましいけれども、そんな共感というか恊働の想いなのです。

もちろん、どの候補者を支持するかなんて個人の自由な判断だし、
私も高島氏への投票を促すつもりはありません。
ただ願わくば、自分たちの街の将来を決める選挙を“あきらめないで”ほしいのです。
だって、自分たちが暮らしている街の、福岡の将来を決める選挙なんですから。

ekimae
(JR姪浜駅 南口の様子)
asou
(元内閣総理大臣 麻生太郎氏)
ishihara

お帰りの 際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

続きを読む »

大人たちの宝探しは街が舞台

11 04, 2010
candy

毎度お運びいただきありがとうございます。
さて、昨夜開催された「バルウォーク福岡」に私も参戦してまいりました。
前売りチケット2,000枚が完売して、当日券の販売も好調だったそうで、
実際に参加された方も多いのではないでしょうか?

…って、いきなりハナシを始めておりますが、いちおう「バルウォーク福岡」の解説。
西中洲・春吉・天神・大名といった福岡市の中心街にある54店舗の飲食店を、
立ち飲み感覚で“ハシゴ”する大人の飲み歩きイベント。参加者は1枚700円×5枚綴りの
共通チケットを購入し、各店舗ではチケットと引き換えに限定メニューを楽しむ。
メニューは1ドリンク+おつまみ2~3種で、いずれもコストパフォーマンスが高く、
中には、夜の客単価が10,000円以上という、普段はなかなか行けないお店もあって、
いわば、街全体を舞台にした一大試食会のような、1日限定の街歩きイベントです。

私は、諸般の事情により夜の時間が使えなかったので夕方限定で参戦。
専用のMAPによれば、一番早いお店で15:00スタートだったこともあり、
まだ陽が高いうちから、チョイナチョイナ気分を味わってしまいました。

…で、いくら休日だからといっても、さすがに15:00スタートならば、余裕で5軒くらい
回れるだろうとタカをくくっていたのですが、ところがどっこいいきなりの大盛況!
街を歩く、しかも大人たちのグループが、各々に専用MAPを広げながら右往左往。
やっとの思いでお目当てのお店に到着してみれば、どこもかしこも大行列!
中には開始わずか30分で専用メニューが売り切れになるところも出現したりしてw。

街のあちこちでは、MAPを持っている者同士が、見ず知らずなのにもかかわらず、
「○○の店は、開店前なのに行列ができてますよ」とか
「今なら、○○は比較的並ばずに入れるみたいですよ」とか情報交換しあったり、
さながら、街を舞台にしたRPGよろしく、非常に楽しめたイベントでした。
なにより、街中を舞台に大人たちが互いに情報交換しあいながら、街を巡るという
この光景は、初めてみた風景で、ゆる~い一体感を共有していることが、
久々に“街が動いたっ!!”感があって、個人的にはぜひ支援したいイベントでした。

今回は初回ということで、おそらくいろんな反省点も噴出するとは思いますが、
ぜひ、2回、3回と回を重ねて、新しい福岡の風物詩になって欲しいと願うのです。
次回開催時は、JR博多シティの飲食店も参加できたらいいなぁ。

お帰りの 際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。