スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい景色、着々続々

09 02, 2010
JHC100901

毎度お運びいただきありがとうございます。
九州新幹線全線開通&新博多駅=
JR博多シティ開業準備の進む博多駅界隈では、
日々、少しづつ新しい景色が誕生して、着々と開業へのカウントダウンが進んでいます。
その変化の多くは非常に些細なもので、関係者にしか分からないことも多いのですが、
暦が変わった昨日9月1日、大きな変化がありました。
JR博多駅の博多口側に広がる「博多口駅前広場」の北側部分が姿を現しました。

…というわけで、まずは基本情報から。
この“
博多口駅前広場の再整備”は福岡市とJR九州などが共同で進めている事業で、
歩行者空間の確保を軸に、交錯している各種交通導線を整理することが主な目的です。
北側を「交通広場」、中央部を「緑陰広場」、南側を「賑わい・交流空間」と位置づけ
併せて地下2階に駐車場などの車両空間を新設することで“歩行者に優しい”地上空間を
創出するという、これまた大規模な再整備事業なわけです。

今回、その姿を現した北側部分(交通センター側ね)には広々としたタクシープールが
整備され、すでにその運用も開始されました。今年4月から閉鎖されていた部分なので、
その仮囲いが外され、特に大博通り側から見る景色(写真参照)は新鮮な印象で、
なにより、予想以上に広大な空間が登場したことに、少なからず驚きを覚えます。

今後は、広場の中央部や南側の工事へと移行していくわけですが、
そのエリアは、特に今までに存在しなかった機能を持つ広場空間なので、
実際にお披露目された時は、それこそ“初めて見る景色”になるわけで、
果たして、どんな顔をした“前庭”が出現するのか、今からワクワクしています。

このように、着々と続々と変化する景色は、工事進行中の今だけの景色。
博多駅界隈にお出かけになる時は、ぜひその変化にも注目してみてくださいね。
だって、今しか見られない景色ですから。

お帰りの 際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

スポンサーサイト
店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2010年09月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。