スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおきな桜並木の下で

03 28, 2010
sakura_muromi

毎度お運びいただきあいがとうございます。
昨日に引き続き、連日の桜ネタで失礼いたしますです。


福岡市の桜の名所と言えば、メジャーなところで言えば「舞鶴公園」が挙りますね。
福岡城址の佇まいと桜のコラボレーションは、まんま時代劇のセットのようでもあり、
天神や赤坂といったオフィス街に近いということもあり、夜桜見物の宴会の定番です。
今年は福岡市主催の「福岡城さくらまつり」が大々的に開催されているので、
すでに夜間ライトアップされた桜と城壁のコラボを楽しまれた方も多いのでは?
ちなみに、このイベントは4月4日(金)までの開催ですのでお早めにどうぞ。

…で、私は福岡市西区在住ということで、春を感じる場所と言えば室見川”です。
特に河口付近は、河川敷も整備されていて、休日ともなれば豪華なBBQセットを
持ち寄ったご家族たちで賑わい、またウォーキングやジョギングを楽しむ方や、
のんびりと釣り糸を垂らす方などなど、とってもピースな雰囲気に包まれる場所です。
もちろん、川沿いには桜並木が点在し、博多の街に春を告げる“白魚”が名物でもあり、
一年中を通じて楽しめるとは言え、やはり”春の記号”が満載のスポットなのです。

さて、桜並木の美しい室見川沿いで、果たして最も美しく桜が楽しめる場所と言えば?
まあ暇に任せて、川沿いの道を上流に向かって少し車で走ってみました。
そうして見つけたのが、室住団地付近に広がるおおきな桜並木
写真ではなかなか上手に表現できていないのですが、室見川と桜のコラボはもちろん、
実は、川沿いの細い道路がまるで桜のトンネルのようになっていて、見事のひと言。
近隣にお住まいの方は、毎年この桜のトンネルを通りながら生活してるのだと思うと、
この時期ならではの“出会いと別れ”のシーンを、この桜並木が演出しているのだなぁと
またまた勝手な妄想に走ってみたりもしたりして。

実は、私が通っていた大学は東京都国立市にキャンパスがあり、
JR国立駅から大学の正門へと続く道は、それはそれは見事な桜並木でして、
入学式当日、そういえば桜の花がひらひらと舞い散る中、期待と不安に胸膨らませて、
大きな歩幅で歩いたシーンは、いまだに忘れることができない印象的な景色です。
福岡から東京に出てきたばっかりの“田舎のあんちゃん”は、精一杯の虚勢を張って
“カッコつけて”登校したにもかかわらず、最初に声をかけられたのが
落語研究会の勧誘であったことも、その後の人生を暗示するかのようで、
これまた何とも味わい深い思い出のひとつでもあります。

みなさんは、平成22年の桜を満喫できましたか?

▽福岡城さくらまつり http://fukuokajosakuramatsuri.jp/

お帰りの 際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

スポンサーサイト
店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2010年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。