スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のアラシと梅のハヤシ

02 25, 2010
haruichiban

毎度お運びいただきありがとうございます。
今日、福岡県地方に“春一番”が吹きました。
ここ数日の間は、2月だというのに
早くも桜が咲いてしまうのではないか?という暖かい日が続いていましたが、
それでも昨年より12日遅い春一番だったということで、いよいよ春近しです。
ちなみに“春一番”という言葉から何を連想しますか?
私の場合は、キャンディーズの『微笑みがえし』とアントニオ猪木ですかね。

そんな春一番の日、昨日のエントリーでお知らせしたとおり、
福岡県産キウイフルーツの最盛期を迎えたJAふくおか八女立花中央選果場から、
fmfukuokaのラジオカー“VIVOT”による生中継が放送されました。

2月5日のエントリーキウイのひみつ」でもご紹介したとおり、福岡県は

全国二位の出荷量を誇る国内産キウイフルーツの一大生産地。
特に糖度15度以上の完熟キウイは「博多甘熟娘(うれっこ)」としてブランド化され、
福岡県内ではもちろん、全国規模で“知る人ぞ知る”人気銘柄となっています。
今年は天候にも恵まれ、キウイフルーツの出来映えが良くて、通年ならば
収穫量の約75~80%が「博多甘熟娘」として選果できるところ、今年は、
90%以上が「博多甘熟娘」として出荷できているそうです。
これまで“キウイは酸っぱい”と感じてこられた方は、ぜひ今年、今の時期、
お近くのスーパーで「博多甘熟娘」を指名買いしてみてください。
私がそうであったように本当のキウイの味”に、ちょっとびっくりしますよ!

さて、取材の合間に見つけたのが、この写真の梅林。
JAふくおか八女立花中央選果場のそばで、薄紅色のかわいい花が満開でした。
福岡では、ちょっと足をのばせば自然の美しさあふれる風景に出会えますね。
気が付けば、もう梅の花も菜の花も、その美しさを競うように咲き誇っています。

取材にご協力いただいたJAふくおか八女のみなさま、
そしてfmfukuokaのスタッフのみなさま、今回もありがとうございます。
来月のレポートもどうぞよろしくお願いします。

お帰りの 際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

スポンサーサイト

店主からのお知らせ

02 24, 2010
kawaraban3_kiwii
(読売新聞福岡かわらばん3月号より)
毎度お運びいただきありがとうございます。
明日2月25日(木)、fmfukuokaの番組
『SUPER RADIO MONSTER ラジ★ゴン』内で
福岡県産のキウイフルーツをテーマにしたラジオカー生中継が行なわれます。
2月5日(金)のエントリー「キウイのひみつ」でご紹介したJAふくおか八女から
今まさに最盛期となる福岡産のキウイフルーツの情報満載でお届けします。
店頭でのおいしいキウイフルーツの見分け方など、裏ワザが聴けるかも!?
放送は15:10頃、約5分の中継となります。ぜひお聴きくださいませ。

ブランドの手触り

02 21, 2010
IL BISONTE

毎度お運びいただきありがとうございます。
すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、先日2月19日(金)に、
福岡・天神のファッションビル
VIORO(ヴィオロ)1階に、イタリア発のレザーブランド
IL BISONTEのメンズコレクション“IL BISONTE UOMO”がオープンしました。

最近、天神に出かけるとつい立ち寄ってしまうVIORO
このブログでも紹介した
卓上カレンダーZOOも、VIOROで偶然見かけたもので、
天神の商業施設の中では、今一番、個性的なアイテムが並んでいるのでは?と思います。

さて、そのIL BISONTE。天神や博多駅のオフィスに勤めるOLさんたちには
おなじみのブランドで、お財布やトートバッグなんかは使っている方も多いのでは?
良質な革製品がさまざまラインナップされていて、その手触りや使い心地は、
“さすが!”のひと言で、一度使うとなかなか浮気できないブランドでもあります。
…とは言え、それ相応の品物なので、それ相応の値段がします。
なので、頻繁に購入するわけにもいかず、私の場合は期間限定デザインの
ボディバッグを1点だけ持ってます。まあ、いわゆる“一生もの”ですね。

シーズン毎に新作が登場しますので、買えないまでもギャラリー感覚で、
お店をのぞくことがほとんどなのですが、東京・代官山に続く国内2店舗めとなる、
メンズコレクションのショップ“UOMO”のオープンということで、
果たしてどんな素晴らしいアイテムが登場するのか?と期待を胸に行ってみました。
…で、まあ、正直なところちょっと“肩すかし”な感じが否めず、
事前の過度な期待の影響かもしれませんが、せっかくの“UOMO”ならではの商品が
予想外に少なかった印象でしたが、まあ次第にコレクションが増えていくでしょう。

とは言え、IL BISONTEの上質な革を使った携帯ストラップを見つけてしまい、
私が唯一持っているバッグと同じ色のストラップを購入しちゃいました。
おどろいたのは、そのストラップのラッピング。
なんと、バッグなどを購入した時と同じようにオリジナルの布製袋に入れられ、
革製品の取扱いの注意書が記されたカードが付いてきました。
(このカードも、実は特殊な紙を使っていて手触りが違うんです!)
購入した携帯ストラップは、10万円前後のバッグが並ぶIL BISOTEの中では、
桁が2つも違う低価格商品…にもかかわらず、高額商品と同じホスピタリティ。
商品の良さはもちろん、このブランドとしての姿勢にやられました。

「ブランドの価値は、感動体験の連続で生まれる」と言われています。
つまり、いつ・だれが・どのように、そのブランドに触れたとしても、
同じような感動体験が、継続的に体感できること。
その連続性によって、生活者は特定のブランドのファンになっていくのです。
それはブランドに限らず、人間性そのものの魅力に置き換えてもよいでしょう。
日々、大勢の方との出会いの中で、果たして出会った方々に同じような
"幸福体験"を感じてもらっているだろうか?自戒の意味も込めて…。
できれば、そんなブランド力のある人間でありたいなぁと。
まさに“言うは易し行うは難し”なんですが。

▽IL BISONTE UOMO 
http://uomo.ilbisonte.jp/

お帰りの 際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

店主からのお知らせ

02 19, 2010
kawaraban3_milk
(読売新聞福岡かわらばん3月号より)
毎度お運びいただきありがとうございます。
明日2月20日(土)~23日(火)にかけて、福岡市内にお住まいの方の
郵便ポストに直接ポスティングされる『読売新聞 福岡かわらばん』。
読売新聞西部本社発行の地域情報紙で、新聞に掲載されない街の情報満載です。
その紙面に1月20日(水)のエントリー「やっぱり牛乳に相談だ」でご紹介した
「福岡県産牛乳」の記事と、2月5日(金)のエントリー「キウイのひみつ」
ご紹介した「福岡県産キウイフルーツ」の紹介記事が掲載されます。
料理研究家・徳永睦子先生による、牛乳、キウイそれぞれを使った、
簡単・お手軽な家庭料理レシピも紹介しています。

郵便受けで見つけた方は、そのままゴミ箱に入れないで(笑)、ご覧くださいませ。
ちなみに、福岡市内で40万部発行なので、一部ポスティングされない
お宅もありますのであらかじめ御了承くださいませ。
店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2010年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。