スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・焼かずに食えるか!?

10 31, 2009
tonsoku

毎度お運びいただきありがとうございます。
9月3日のエントリー『焼かずに食えるか!?』で触れた"焼豚足"の話、続編です。

福岡では、居酒屋や屋台で豚足を頼むと、ほとんどの場合が焼いた豚足が出てきます。
表面をカリっ焼き上げ、中身はぷるんぷるんで、塩とコショウで味付けされ、
酢醤油をつけていただく…っつうより"かぶりつく"感じで食べます。
もちろん、お箸なんて使いません。両手で持って、大きな口を開けて"ガブリ"!
この時ばかりは"豪快に"が、正しい豚足の食べ方であって、逆にチマチマ食べてる
若い女性などを見かけると、ちょっと興醒めしてしまうほどです。

そんな、福岡ではポピュラーな焼豚足ですが、見た目も含めて獣肉オーラが強く、
家庭で作るとなると非常に難しい料理でもあり、たまにスーパーマーケットで
ボイルした豚足が売られているのを見かけますが、"カリぷる"の焼き加減を
家庭で再現するとなると、それなりの設備が必要になります(…と思う)。
その結果、焼豚足は"外食で"が主流となり、仮に「焼豚足が食べたい」と思っても、
居酒屋や屋台で、ビールや焼酎を飲んだり焼鳥やお刺身など他の料理を頼んだりして、
お一人様合計2,000~3,000円の出費を覚悟せねばならないのです。

そんな中、見つけました!"おうちで食べる美味しい焼豚足"。
JA糸島産直市場 伊都菜彩で販売されている「極上炭火焼豚足」
「伊都菜彩」といえば、糸島で採れた新鮮な野菜や果物、魚介類や肉類、花キなど
生産者から直接仕入れた新鮮で旬な素材が販売されているJA糸島直営のお店。
生鮮食料品はもちろんのこと、加工品も一般のスーパーなどでは流通していない
こだわりの商品が多く、"ココでしか手に入らない"品揃えが人気です。

…で、その「極上炭火焼豚足」
パッケージをあけて、まんま"豚の足"を取り出して、電子レンジで加熱した後、
フライパンで表面をカリカリに焼き上げ、附属の酢醤油タレをつけていただく。
調理も簡単だし、やわらかくて身離れも良いので食べやすく、
なによりフライパンで焼くだけで、あの"カリぷる"が味わえて1本300円!
フライパンで焼く時に、軽~く塩・コショウをして味を整えながら、
表面が焦げ付かないように火加減を見ながら、ていねいに焼き上げるのがコツ。
そりゃあ、お店で出て来る焼豚足と比べると確かに見劣りしますが、
家庭で食べる分としては、充分すぎる味わいとボリューム感と満足感なのです。

「伊都菜彩」の敷地のとなりが、大きなコスモス畑になっていて、
ちょうど、今が見頃の時期。"豚足を買いに"わざわざ行く価値アリですよ。

JA糸島産直市場 伊都
菜彩(イトサイサイ)
    住所/福岡県前原市波多江567
    営業/9:00~18:00 定休日/年始のみ
    TEL092-324-3131 
    http://www.ja-itoshima.or.jp/itosaisai/saisaitop.html

お帰りの際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。
スポンサーサイト
店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2009年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。