スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

row your boat

09 23, 2009
ohoripark0923

毎度お運びいただきありがとうございます。
シルバーウィーク最終日、前日からの雨も午前中で止んだこともあり、
ぷら~っと大濠公園に出かけてみました。

福岡市在住の方には、もはや説明不要ですが、こんな素敵な公園が都市の真ん中に
あるなんて、あらためて福岡で暮らす幸せを再認識させてくれます。
万葉の頃"草香江の入江"と呼ばれ、江戸時代、黒田長政が福岡城を建てる際には
外堀として利用されたこの地は、昭和2年(1927)に開催された東亜勧業博覧会を
機に、本格的な造園工事が行なわれ、昭和4年(1929)に県営の公園として開園した
国内でも有数の水景公園です。※公園の総面積の50%以上が池です
(参考文献/『博学博多』西日本新聞社刊)

池の周りをぐるっと回る約2kmの周遊道は絶好のジョグコースとして人気が高く、
今日も多くの市民ランナーがトレーニングする姿が印象的です。
私としては、決してジョギングなどできる身体ではなく、ぶらぶらと池の周りを
歩いてみては、鳩と戯れたり、池の鯉にエサをあげたりしてはみたものの、
もはやおなじみの公園だけに、ほどなく所在なくなり…さて、どうしよう!?

…というわけで、手漕ぎボートに乗ってみることにしました。
おそらく、過去に1回か2回は乗ったことがあるはず…ですが、その記憶すら
呼び起こせないほどで、実質、初めての大濠公園ボートデビュー。
使用料は30分で600円(税込)と、勢いで乗っちゃえるニクイ価格設定。
船着き場では、順番待ち3組めと、意外と人気なのに少々驚きつつも、
係の方の話では「いつもの土日よりも少ないよ」とのこと。どうも人気らしい(笑)。
15分ほど待って、おっかなびっくりとボートに乗り込み、
"頭で知ってる"オールの使い方と、身体がシンクロするまで数分かかったものの
意外や意外、今まで立ったことのない"池の上"という場所からの景色が新鮮で、
何より「あぁ、福岡の空ってこんな広いんだ」なんてことに感動してみたり。

"百聞は一見に如かず"とは、よく言ったもので、結局、実際に体験した人にしか
味わえない喜びとか気づきとか、そんなあたりまえの大切さを再認識しました。
…ってことは、大濠公園のボートに"カップルで乗ると別れる"という噂、
実際に体験した方いらっしゃいますか?

お帰りの際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

衣替減量大作戦

09 22, 2009
lecock

毎度お運びいただきありがとうございます。
本日の福岡地方、生憎の雨模様ということもあり、衣替えを決行!
今シーズン活躍した夏物を整理して、秋冬物を引っ張り出して整理するわけです。

…で、この衣替、実は収納スペース確保の大チャンス!と教えていただいたのは、
日頃からお世話になっているキレイ堂株式会社・香川裕子代表
福岡市で女性だけのハウスクリーニング業を営みながら、ご家庭でのお掃除力を
高める実践的講座『キレイコンシェルジュ講座』を2年ほど前に立ち上げて、
"お掃除でラッキーを呼ぼう"をコンセプトにさまざまな場面で活躍されています。

香川さん曰く「整理と整頓はまったく別次元のもの。一緒にはできません」。
要は"整理=モノを捨てる"、"整頓=残ったモノを整える"という行為であり、
まずは"モノを捨て"て、収納スペースを確保することが第一歩なんだそうです。
つまり衣替は"モノを捨てる"、年に2回の大チャンスなんだそうです。
その時に大事なのが"捨てるルール"を決めて、絶対に何がなんでも守ること。
ちなみに香川さんのルールは「今年一度も袖を通さなかったものを捨てる」。

これ、実際にやってみると結構たいへんです。
確かにこの夏一度も着なかったアイテムでも、それなりに思い入れがあるわけで、
"これは来年きっと着るだろう"とか"ちょっといい値段したから…"とか、
まるで元カノとの想い出の品をいつまでも未練がましく捨てられないオトコの図。
とは言え"ルール"ですから、そこはエイヤーとばかりにゴミ袋の中へ。
私の場合、昨年まで夏のメインアイテムだったコットンシャツの数々は、
今年はTシャツたちに主役の座を奪われ、ほぼ一度も登場しなかったことが判明。
気がつけば家庭用ゴミ袋1個分を廃棄し、残ったのはTシャツ&ポロシャツばかり。
夏物が約3分の2の量に減量され、クローゼットもちょっとスッキリしました。
さて、今年一度も活躍しなかったアイテムで、どうしても捨てられないモノは、
夏の名残のあるうちに1回でいいから着てしまう…とセーフになるそうです。

ちなみに今シーズン一番活躍したのは"le coq sportif"のTシャツ。
デザイン性はもちろん、シルエットがキレイだったのが一番の理由です。
Tシャツに替わって、そろそろジャージジャケットの出番です。

▽キレイコンシェルジュ協会  http://kirei-do.jp/concierge/index.html

お帰りの際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

ツヤクロデニ

09 21, 2009
bucknumber

毎度お運びいただきありがとうございます。
オトコ40歳を越えてくると、スーツスタイルは随分と板に付いて来るのですが、
逆に困るのはカジュアルスタイル。特に福岡はメンズのカジュアルショップが
少ないし、その多くは20代前半の男のコがターゲット。
もちろん「博多リバレイン」に入っているような世界的ブランドのショップに行けば、
40オトコでも、いや40オトコにしか着こなせないアイテムもありますが、
お財布には決して優しくないので、そうそう手に入れられるわけではありません。
20代の頃は"若さ"という武器で、ありきたりのジーンズに白いTシャツでも、
それなりに絵になったもんですが、今や一歩間違えば"休日のお父さん"になったり、
逆に"若作り"と言われる危険性もあったりで、けっこう難しいのです。
オーソドックスなデザインや色遣いの中で、シルエットが美しく見えたり、
安っぽく見えない素材感だったり、手持ちの靴やバッグとの相性だったり、
"オッサン"ど真ん中とは言え、まだまだ女性の目を諦めるわけにはいきません。

そんな中、ちょっとイイ感じのジーンズを手に入れました。
『BUCK NUMBER』NEW SHINY DEMIM TIGHT STRAIGHT
DEEP COLOR PROCESSING MODEL(BN-3111111-07)
水嶋ヒロさんが登場するCFでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、
独特の"ツヤ感"を持った新素材が特長のブラックデニムです。
"ツヤ感"はレザーのニュアンスもあって、予想以上に柔らかくて履きやすく、
なにより細身のシルエットが美しいので、野暮ったく見えない!
レザーのジャケットとか、ハーフ丈のコートなんかと相性が良さそうです。
なんでも、今年の秋冬は、モノトーンだったり、ロックテイストだったりが
流行のキーワードらしいので、さりげなく"取り入れてます"感も演出できる!?
あとは、現在のウェストサイズをキープするのが重要ですね。

お近くの「Right On」で取扱い中ですので、気になる方はぜひ。
店内の主流派を占める20代のコたちに臆することなく、堂々と試着しましょっ。

お帰りの際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

Oh! Milky Smile

09 20, 2009


毎度お運びいただきありがとうございます。
昨日の福岡地方は、シルバーウィーク初日にふさわしく"絶好の行楽日和"
日中の最高気温28.0℃とは言え、北からの風が強めに吹いたこともあり、
本格的な秋の訪れを実感させてくれる、さわやかな一日になりました。
秋景色の街をマンションのベランダからぼんやり眺めていると、
「すっかり"風は秋色"やなぁ…ん!?風は秋色って…あっ聖子ちゃんやん」

そうなんです。まさに80年代アイドルブームをリアル体験した私は、
当時、松田聖子ちゃんの大ファンでした(恥)。
彼女がデビューしたのが1980年4月、ちょうど私も中学生になり、
AMラジオからふと流れてきた『裸足の季節』(デビュー曲ね)を聞いて、
その歌声に"ひと目惚れ"。以来、シングルもアルバムも全部揃えて、
歌番組に聖子ちゃんが出るとなれば、TVの前にラジカセ置いて録音して、
確か、福岡でのコンサートにも3回くらい行ったかなぁ。
さすがにピンクのハチマキしたり、ハッピ着たりはしなかったですが(笑)。
そう言えば、2つ下の弟は、中森明菜ちゃんのファンで(これもありがち!!)、
一度、聖子ちゃんVS明菜ちゃんで大喧嘩した記憶も…あぁハズカチンドン。

さて、その『風は秋色』。『裸足の季節』『青い珊瑚礁』に続くシングル第3弾。
当時、人気急上昇中の聖子ちゃん、初のオリコン第1位獲得の曲でもあります。
作詞:三浦徳子、作曲:小田裕一郎という初期のゴールデンコンビ。調べてみると、
三浦さんの作品には、岩崎宏美『万華鏡』とか、吉川晃司『モニカ』とか、
郷ひろみ『お嫁サンバ』とか、沢田研二『ス・ト・リ・ッ・パ・ー』とか、
八神純子『みずいろの雨』とか(みんなついて来いよ~)、マイフェイバリットな
曲がいっぱいあり、知ら知らずのうちに、三浦さんファンでもあったわけです。
それにしても、当時の聖子ちゃんの歌声って、やっぱり良いですね。
Bメロの部分で、思わず"タン タタン"って手拍子入れそうになりました(笑)。

…で、もう何十年も思い出すことすらなかった"風は秋色"。
なぜ、今とつぜん!?と考えていたら、当時の聖子ちゃんの所属事務所は
サンミュージックでした。どうりで、最近よく聞きますわ。

お帰りの際に↓1クリックどうぞ。ご来店ありがとうございます。

続きを読む »

店主の横顔-profile-

tomekichi

Author:tomekichi
1967年8月23日生まれ。福岡市在住。福岡の老舗タウン情報誌『シティ情報ふくおか』の元編集長。現在は福岡市内の某印刷会社に勤務し、福岡の心地良い暮らしを満喫中。

和色大図鑑
美女暦 BIJOごよみ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2009年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
美人時計 bijin-tokei
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
店主宛メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。